本物

最近よく『本物』について考えます。

とは言うものの

書画、骨董、音楽その他…芸術などに触れる機会はなかなか少ないので

それを語る資格を持ち合わせているとは決して言いませんが… 

「本物」と評価されるべきものには、

何かしら不動の、筋というか型というものを踏まえているべきだと思っています。

そしてそのうえで、時代の流れとともに生まれる新しさや自由さがあるのだと…。


先日読んだ、白洲正子さんの著書に「本物(陶磁器)は、あたたかい」と書いてありましたが、

なんだか少しだけわかるような気がしました。



  美しい「花」がある、 「花」の美しさといふ様なものはない。

                                              世阿弥


a0261573_222726.jpg

[PR]
by dtworks | 2013-04-08 22:28 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dtworks.exblog.jp/tb/17589399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ドットワークスは企画とコンサルティングの会社です


by dtworks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
事業報告
つれづれ
トレンド情報
映画と本の話
未分類

最新の記事

2018年
at 2018-01-01 00:00
覚書
at 2017-12-09 10:24
見えない仕事
at 2017-11-01 21:35
自問
at 2017-09-28 17:57
指針
at 2017-08-18 19:38

外部リンク

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログジャンル

本・読書
経営・ビジネス