<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

365日

あと1日で今年も終わりとなりました。
天気が悪いので、なかなか気持ちが掃除モードに切り替わりません…(言い訳(^^: )

新年間近となり、暦(こよみ)についてふと考えました。
一日が24時間で、一年が365日できっちりと切り替わる…いい制度だなとしみじみ…。

普通に考えたら、昨日が今日になるただの一日…なのですが、
暦があることで、どんな一年を過ごそうと、どんな気分であろうと
明日がちゃんと来て、更に毎年必ず新年は来るので
あまりいいことがなかったなと思っていても、
気持ちを切り替えて新しい一年に「希望」を持つことが出来ますよね。

そんな気持ちで、今年を振り返ると…
もちろん、反省や小さな後悔はいくつもありますが、
それでも、笑顔で過ごした時間がたくさんあった事を思い出し、
自分を取り巻く人々に深い感謝を感じています。

今年反省したことはちゃんと改善し、
自分が正しいと信じることを、ぶれることなくまたひとつひとつ積み重ねたいと思います。

今年一年お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
a0261573_1381956.jpg

[PR]
by dtworks | 2012-12-30 13:16 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

偉業をなす

雪のクリスマス・イブです。
今日が終わると一気に年末まで加速する気がして…ちょっと怖いです。

先週、遅ればせながら「はやぶさ/HAYABUSA」の映画を観ました。
当時のニュース内容だけでは、「はやぶさ」の何がすごいのかがわかりませんでしたが、
映画の内容をみてようやく…納得しました。

凄すぎてその「凄さ」がわからないことってあると思うのですが、
人類初とか、前人未到とかを成し遂げることはやはり「偉業」に違いなくて
それまで、見向きもされなかったり、ひどい場合は馬鹿にされていたりした事ほど、
振り返ると人を感動させる「物語=プロジェクトⅩ」になっていたりしますよね。

「はやぶさ」もそうですが、どんな偉業にも共通することは、
「苦しくてもあきらめなかったこと」に尽きるような気がします。

そしてそれは、厳しい修行のような悟りをひらくような、大きな忍耐を必要とすることかもしれません。

その時に支えになるのは「何のためにやっているか?」という問いに対する
自分自身の中にある思いの強さ(力)…なのでしょう。

(追記)くじけそうなとき 背中を押して、勇気をくれる言葉です。

人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、人を愛しなさい

あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく、善を行いなさい

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい

善い行いをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい

あなたの中の最良のものを、この世界に与えなさい
たとえそれが十分でなくても
気にすることなく、最良のものをこの世界に与え続けなさい    (マザー・テレサ)
a0261573_9294498.jpg

[PR]
by dtworks | 2012-12-24 10:02 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

言葉のチカラ

ようやく年賀状の準備に入りました…。
今の若い世代の方はメールやフェイスブックなどで済ませる人も多いのでしょうね。
でも、個人的には日本らしい風情というか情緒というか、年賀状のほんの少し「かしこまる」感じが好きです。

一年間まったく連絡を取らない人にも、自分の近況を知らせることができるし、
「会えなくても、どうか一年元気でいてくださいね」という気持ちが伝わると嬉しいなと…思いながら書きます。

そもそも、人に「言葉で何かを伝える」事がどうも昔から苦手で、
言葉足らずだったり、思慮に欠けていたりとこれまでの人生、反省ばかりです。

ですが仕事柄そうは言っていられませんので、会話はもちろんのこと、
資料だったりHPだったりとにかく様々な言葉を駆使して「ちゃんと伝える」事に日々奮闘しています。

言葉は言霊(ことだま)とも言われるように、
たった一言で誰かの人生が変わったり、逆に死ぬほど傷つけたり…それくらい「力」があるものです。

基本的に良い言葉をたくさん使うようにすると、
例えば達成したい目標を声に出して毎日言い続けるとか、勇気や元気の出る言葉をたくさん使うとか、
何でもない事のようですが、実はかなり効果があると言われますよね。

水の結晶は、ポジティブな言葉とネガティブな言葉を言って凍らせると明らかに違う形になるといいます。
だからそれはきっと人間でも同じことなのでしょう。

必要な時に、最適な言葉で誰かの背中を押せるようになること…が理想なのですけどね。(ほど遠いです)
a0261573_1615834.jpg

[PR]
by dtworks | 2012-12-19 16:11 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

憧れの人

今、「向田邦子の青春」という本を読んでいます。
好きな作家の一人であり、
知れば知るほど一人の女性としての彼女の魅力に、尊敬や憧れを感じています。

生きていればもう84歳という高齢なはずですが、
52歳で飛行機事故に遭い、早世した彼女は残された多くの文章や写真の姿のまま、
美しく、センスが良く、強さとつつましさを持った理想の女性であり、憧れの人です。

彼女のエッセイに「手袋をさがす」というタイトルの、彼女の生き方について書かれたものがあります。

22歳の頃に、気に入った手袋が見つかるまで、ひと冬を手袋なしで過ごす(妥協をしない)と決め、
その想いを46歳の時に振り返った文章です。

―今の私にも不満はあります。
 年と共に、用心深くずるくなっている自分への腹立ち。
 心ははやっても体のついてゆかない苛立ち。
 音楽も学びたい、語学もおぼえたい、とお題目をとなえながら、
 地道な努力をしない怠け者の自分に対する軽蔑―。
 そして、貧しい才能のひけ目。
 でも、たったひとつ私の財産といえるのは、
 いまだに「手袋をさがしている」ということなのです。 ―   (「手袋をさがす」『夜中の薔薇』より抜粋)

あれほど、才能にあふれ当時の女性としては輝かしい活躍をした彼女でさえ、
同じような悩みを持ち、ひけ目さえ感じ、
ずっと、納得のできる「手袋を探し続けていた事」に励まされ、勇気をもらえます。

私自身、自分に満足することは、きっと一生無いのでしょうが
振り返った時、ほんの少しでも遠く、広く見渡せる場所へ立っていられたらいいなと思っています。
a0261573_9503875.jpg

[PR]
by dtworks | 2012-12-11 10:02 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

折り目正しく

12月です。

たぶんあっという間に過ぎるような気がします…。

この一年を締めくくり、新たな一年へ向けての反省、修正の作業が必要となります。


このところ…『折り目正しい』という言葉がずっと頭の中にあり、

自分自身の日々の行動を反省し、意識するとともに、

残念ながら、そのような人に出会うことが少なくなっていることを実感しています。


ただ礼儀正しいとか、節度があるとかだけはなく

接する相手にきちんと向き合い、(心を込めて)最善を尽くすこと…。

なかなか難しいことですが、

(この仕事で)誰かと接し、共に何かを進めていくという人生を選んでいますので

自分自身が「折り目正しい」人に出会ったときの清々しさや背中が凛とする感じを

一人でも多くの方に残せるように、

自分を律しながら意識して過ごしたいと思っています。(日々、精進、精進…。)

a0261573_826742.jpg

[PR]
by dtworks | 2012-12-03 08:32 | つれづれ | Trackback | Comments(0)


ドットワークスは企画とコンサルティングの会社です


by dtworks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
事業報告
つれづれ
トレンド情報
映画と本の話
未分類

最新の記事

2018年
at 2018-01-01 00:00
覚書
at 2017-12-09 10:24
見えない仕事
at 2017-11-01 21:35
自問
at 2017-09-28 17:57
指針
at 2017-08-18 19:38

外部リンク

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログジャンル

本・読書
経営・ビジネス