<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「困っている人」

約一年前、テレビの本の紹介コーナーで知り気になっていた本「困っている人」を読みました。

福島県の田舎でのびやかに育ち、頭の良い文学女子だった著者が、
ビルマ難民支援というやりがいを見つけ邁進している最中に原因不明の難病を発症し、
現代の日本社会をサバイバルしていく話です。(もちろんすべて実話)


あらゆる感想がありすぎて、ここでは表現しきれない‥というのが実感ですが、
挙げるとすれば
・世の中のそこここにある「理不尽」
・生きる力(生き抜く力)
・最後は自分で「選ぶ」「決める」

よく「神様は乗り越えられない試練は与えない」という言葉を聞きますが、
彼女と同じ状況に自分がなったとしたら、きっと
「なぜ、私がこんな目に?」と考えるはず。

そして、次に「あきらめる事」「依存すること」「一人で頑張ること」「声をあげること」
…(決して前向きだけではない)あらゆる選択肢の中から“その先”を選ばなくてはいけないのだと
彼女の赤裸々な状況報告(若くて表現方法が豊か)で考える機会を与えてくれる本でした。


でも、本当に「困っている人」がいたら、
何とかしたいと考える人はこの日本には少なくないはずなのに
つい先日も若い母子が餓死するという信じられない事件が大阪で起こりましたよね。

「制度」では救えない多くの事に、目をそらしてはいけない…
そして自分自身も、困難な時に「あきらめない」事を選べる心を養う。 そうありたいと思う。

とりあえず、この本が多くの人に読んでもらえるといいなと思います。
a0261573_1055695.jpg

[PR]
by dtworks | 2013-05-29 10:27 | 映画と本の話 | Trackback | Comments(0)

6本指の猫

文豪ヘミングウェイの住んでいた家が博物館として観光スポットとなっているそうで、
そこには彼が好きだった「猫」が46匹も飼われている…というのを先日テレビで見ました。

その中で衝撃だったのが、そこにいる多くの猫の指が6本だったんです!

子供の頃から自宅ではずっと猫を飼っていたので、わりと猫には詳しい方だと思っていたのに
6本指の猫がいるなんて初耳で…ショックでした。

ショックというのは、↓ 向きのショックではなくて、びっくりとへぇ~が混ざったようなもので
改めて、よく知っていると思い込んでいることでも
まだまだ掘り下げることで新たな発見ができるという教えのようでした。

もともと、人間は一生かけてどんなに勉強しようと
世の中の多くを知らないまま死んでいくのだと解っていますが…

だからこそ、いつまでも『好奇心』を持って、
キョロキョロしたり、首を伸ばしたり、食べたり飲んだり。

この好奇心が尽きない限り、私はこの仕事を楽しんで続けられると思っています(^^)v
a0261573_22524931.jpg

[PR]
by dtworks | 2013-05-23 08:52 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

八百万の神様

つい先日、出雲大社で本殿遷座祭が行われましたね。

「平成の大遷宮」の祭事はまだまだ続いているようですが、
60年に一度と聞くと…今年中に行けるなら行っておきたいなと思っています。


福岡の繁華街、天神の中心地に「警固神社」があるのですが、
朝早くから静かに手を合わせる人を見かけると、背筋がすっと伸びる気持ちになります。

山の神様、海の神様、水の神様、農耕の神様、更にはトイレの神様(流行りましたね~♪)等々
そういえば、
子供の頃に「お米には7人の神様がいるので一粒も残しては駄目」と言われていたなぁ…。

もともと日本人は、八百万の神様を信じていて
檀上に上るときや、野球選手が球場に入る時などに一礼し、海外の人に不思議がられますよね。

目には見えないけど(千と千尋の神隠しのイメージ?)、
そこここに神様がいると信じ、モノを大切にし、正直に誠実に…。


手間暇かけた農林水産物にもきっとたくさんの神様が宿っているはず。
だからこそ、未利用資源を少しでも多く活用できますようにと…神様にお願いしています。(笑)
a0261573_1881177.jpg

[PR]
by dtworks | 2013-05-13 18:34 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

身土不二

「身土不二」…この言葉を知ったのはわずか一年前…。
(無知さをばらしてもしょうがないのですが… 恥)

調味料のCMではありませんが、 
栄養が偏って調子がでないときなど
つくづく自分が食べたもので自分自身は作られているのだなぁと実感します。

一人の時の食事を充実させることはとても難しいのですが、
できるだけ品数を多く(無理な時は食材を大目に使って)…と心がけています。

もともと野菜好きなので、それはいいのですが
少しは肉や魚類もとらないと力が湧かなかったり…体は正直なのですよね。

同じ料理でも、地域によって調理法や使う食材が違っていることは
その土地の風土、歴史などに裏打ちされた理由があって

自分が暮らす場所で採れたものを、鮮度の良いうちに食べるということが
心身を健康にするというのはやはり理に適っているのでしょうね。

そして、食材を作る人と料理する人が丹精込めていればいるほど、体にいいに決まっています。

食事をできるだけ美味しく楽しく…幸せな毎日に必要なことですよね。
a0261573_833349.jpg

[PR]
by dtworks | 2013-05-08 08:24 | つれづれ | Trackback | Comments(0)


ドットワークスは企画とコンサルティングの会社です


by dtworks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
事業報告
つれづれ
トレンド情報
映画と本の話
未分類

最新の記事

2018年
at 2018-01-01 00:00
覚書
at 2017-12-09 10:24
見えない仕事
at 2017-11-01 21:35
自問
at 2017-09-28 17:57
指針
at 2017-08-18 19:38

外部リンク

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログジャンル

本・読書
経営・ビジネス