<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あなたがいた場所

突然の訃報を聞いたのは去年の秋でした。

先日、ローカル放送の旅番組で昔住んでいた町が紹介されており、
懐かしい街並みや人々の顔を見ながら…

元気だったらきっと取材の同行に駆り出され、土地の言葉でおもしろおかしくタレントと掛け合いをし、
町の魅力の一つ(名物ご案内人)として紹介されたであろう、
「その人が居ない」事を強烈に思い知らされ…無性に寂しくなりました。

奇跡の商店街として注目を集めるその町で学んだたくさんの事は、
私にとって大切な財産として残り続けています。
そして、「その人」が見せてくれたものは「自分のもっとも得意な事で町に貢献する」姿でした。

今、数件の地域活性化の企画を抱えていることもあり、
改めて、様々な視点から「まちづくり」を考えている時期でもあります。

私の得意な事は、
その地域の宝を発掘し、他の地域に勝てるポジションを見つけ出し、企画を立てること。

当然、まちづくりのテーマは毎回ゼロからのスタートですが、
それを楽しめているので、もっと多くの地域に行き、少しでもお手伝いできればと思っています。

それでも今回、ちょとだけ…こんな寂しさ(悲しいこと)もあるのだと知りました。

「また、遊びに行きますね。」
a0261573_15442423.jpg

[PR]
by dtworks | 2014-02-26 16:37 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

自己ベスト

オリンピック終盤…
フィギュアスケート…個人的には、よくも悪くも気持ちがざわつく競技です。

注目の浅田真央選手が自己ベストで競技を終え、感慨深いですね。

「自己ベスト」、「人生のベスト」
常に、今が一番といえる生活を誰もが目指しているはずなのに、
思うように力が出せない、自分らしさが出ない…
そんな人生は「もったいないな」とオリンピックを見ながらしみじみ感じています。

「あなたならできる」
「あなたの(自分の)力はそんなものじゃない」

才能や実力があるということは、よくも悪くも注目され
そのことで、何故か気持ちの軸がぶれてしまう(応援も時には重圧になりますから)

結局、人は弱いのですよね。
だから、監督、コーチ、同僚、家族、友人…など
「自分」をよく知る人の支えがあることで、より力を発揮できるのだろうと思います。

そしてつまるところ、
「自分の幸せな居場所」を探し出し、その場所に行くべきなのだと思ったりしています。
a0261573_9432973.jpg

[PR]
by dtworks | 2014-02-21 09:43 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

平常心

オリンピック後半…メダル獲得のニュースもちらほら(喜)
その中でも思わずテレビに向かって拍手したのが金メダルの羽生選手!

SPで前人未到の100点越え!ただただ凄いの一言です。

当の羽生選手が目標とするロシアのプルシェンコ氏にも「天才」と評価されていましたが、
彼が幼い頃の映像を見ると、回転の練習中に何度も何度も氷の床に転んでたたきつけられ
「転ぶのが怖くてジャンプが思い切り飛べない、だから回転できない」と話す姿がありました。

もちろん、他の大勢の人々より身体能力やセンスはあったかもしれません。

でも、痣や傷をたくさんつくり他の子どもたちがゲームなどの遊びに夢中になっていた時間に
何度も何度も自分に向き合い、恐怖を克服し、(更に持病の喘息を持ちながらも)
ストイックに頂点を目指してきた結果であることは間違いないです。

そして、それは全ての競技の選手たちもしかりだと思っています。

私はスポーツは全く駄目なので、選手たちの気持ちにシンクロすることは難しいですが、
メダルを獲得できるかどうかは、いかに「平常心」を保てるかどうか…なのでしょうね。

誰かの言葉に「練習は嘘をつかない」というのがありましたよね。
それは、日々の練習でやるべきことをやってきたなら、結果はついてくる…(だから自信が持てる)
そのことに他ならない言葉です。


ちっちゃい話で恐縮ですが、今、仕事がかなり立て込んで来ていて(ありがたいことです)
ちょっと脳みそが沸騰してきているので、
平常心を保って、ひとつひとつ丁寧に…と自分に言い聞かせています。
a0261573_9132669.jpg

[PR]
by dtworks | 2014-02-16 09:34 | トレンド情報 | Trackback | Comments(0)

pride

「和風総本家」という番組がありますね。
番組のコンセプトがそうなので、日本中の優れた職人さんが多く出てきます。

以前から、匠とか職人にとっても弱い(好きということです)のを公言しておりますが、
鉋をかけてるおじさんとか、爪の中まで真っ黒な手とか見ると、もうほれぼれ…です。

あの番組…地味な内容のわりに長く続いているなと思うのですが、
昨日、見ていてなんとなく理由がわかりました。

ある日本の「物」にスポットを当て、それが海外でこのように使われていますよ。とか、
実際に使っている人に褒められる、感謝される…など、日本人として誇らしい気分になるのです。
(プロデューサーの思惑通り? 笑)

自分が何故職人さんが好きなのかを考えると、
仕事に「誇り(pride)」を持っているからだと思うのです。

しかも、どんなに素晴らしい技を持っていても表に出る人は少なく、
ほとんどが地味な場所で毎日、毎日ただ黙々と作業に打ち込むという姿がほとんど。
(これは一次産業の方々も同じですね)

その方たちも、海外の人に使われていることや、感謝の言葉などを受けて
涙を浮かべる姿もちらほら…(日々の努力が報われる瞬間ですね)

だからこそ、プランナーやプロデューサーとして中間の立場に立つものが、
正しく伝え、売り先を作る事にもっと力を注がなければ…と改めて実感しました。
a0261573_983951.jpg

[PR]
by dtworks | 2014-02-07 09:23 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

一事が万事

福岡では、昼間の気温が2月とは思えないスタートとなりました。

一月は後半特にばたばたしていましたが
ちゃんと締め日に、(売上やらその他いろいろ)細かい反省と目標確認などできましたので、
この調子で毎月やっていこうと思ってます。

先日たまたま見ていたクイズ番組に、日本でもトップレベルの賢い現役高校生が出ていて
その男の子のノートが映っていたのですが…これがまた美しいこと!!

で、思い出しました。
頭の良い同級生のノートは、同じ授業を受けているとは思えないくらい美しかったことを(^^;

それを見た瞬間、(今年は特に心している言葉)「一事が万事」
=「自分自身が行動したことがすべての結果に繋がる」(些細な事を怠らない)

と、再度自分に言い聞かせた次第です。
a0261573_1727819.jpg

[PR]
by dtworks | 2014-02-01 17:57 | つれづれ | Trackback | Comments(0)


ドットワークスは企画とコンサルティングの会社です


by dtworks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
事業報告
つれづれ
トレンド情報
映画と本の話
未分類

最新の記事

2018年
at 2018-01-01 00:00
覚書
at 2017-12-09 10:24
見えない仕事
at 2017-11-01 21:35
自問
at 2017-09-28 17:57
指針
at 2017-08-18 19:38

外部リンク

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログジャンル

本・読書
経営・ビジネス