『萌え』?…とピンクの猫

日本で始まった『萌え』…という言葉。
中国でもかなり若者の間に浸透してきているとか。

この「萌え」という定義。
正直、なんとなくはわかりますが、いまいちちゃんと理解できません。(悲しい)

解説によると『萌え』=「幼い」「丸い」「猫(?)」などのイメージだそうですが…
要はこちらも世界で認知されつつある「可愛い kawaii」と重なる部分もあるのではないか
…と思っています。

例えば、日本生まれの世界中で愛される猫「キティちゃん」。
確かに「幼い」「丸い」「猫」がすべてあてはまる…のです。
以前テレビでキティの人気の秘密に迫った番組があって、好きな理由の第一位はなんと
ピンクだから」でした。私、これにはかなり衝撃…というか、関心を持ちました。

私はとても動物好きなのですが、確かに、ふつうの動物を見た時よりも
子猫や子犬、ライオン・トラの赤ちゃんなどを見ると「もっと見たい」「近くで見たい」「触りたい」と
いう衝動にかられます。儚げ(幼い)でふんわり(丸い)してて、守りたくなる(猫…これは無理やり?笑)
おもわず抱きしめたくなるような、そういう気分の事なのかな~と。

でも、若者の消費行動を決めるのにこの「萌え」はかなり重要なファクターであることは事実。
もっと勉強しなくては。(でも勉強より感覚が大事なのですよね)

いずれにせよ、日本発信のカルチャーが世界で受け入れられているのです。
もっともっとあるはずです。
ローカルな場所に埋もれている地元では見向きもされなくなった『昔ながら』だって、
場所を変えれば評価も変わるかもしれませんよ。
a0261573_9253858.jpg

[PR]
by dtworks | 2012-06-02 09:52 | トレンド情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://dtworks.exblog.jp/tb/15470668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ドットワークスは企画とコンサルティングの会社です


by dtworks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
事業報告
つれづれ
トレンド情報
映画と本の話
未分類

最新の記事

10月の花火
at 2018-10-31 07:44
かかりつけ
at 2018-10-03 21:27
男時女時
at 2018-07-22 21:27
パーマカルチャー 
at 2018-06-28 22:59
コツコツ
at 2018-05-22 07:46

外部リンク

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

ブログジャンル

本・読書
経営・ビジネス