『天地明察』

売り場には秋の味覚、「栗」が並ぶようになりましたが、
日中の気温がまだまだ高く衣替えにはもう少し…というところですね。

でも、暦は着実に10月(秋)となりました。

暦…にちなんで、先日読んだ本(既に映画化もされていますが)
冲方丁(うぶかた とう)著 『天地明察』がなかなかよかったのでご紹介します。


主人公は、徳川家綱の時代に碁打ちの名門に生まれた人なのですが
様々なきっかけから日本独自の暦づくりという大事業に就くことになります。

長い年月をかけ、様々な人々に出会い、別れ、もがき苦しみながらも
黙々と悲願達成に向けてひたむきな努力を続ける姿や、
彼を支え、見守る人々がとても魅力的で

何かのプロジェクトにかかわる人には、
共感できる部分が多いんじゃないか…と思いながら読みました。

特に感心したのは、大きな山を動かすには綿密な計画と根回しが効果的だという事を
この主人公が実証してくれることでしょうか。
(半沢直樹の倍返し並みです…笑)

読書の秋におススメの一冊です。
a0261573_23315689.jpg

by dtworks | 2013-10-01 23:49 | 映画と本の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://dtworks.exblog.jp/tb/18712300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ドットワークスは企画とコンサルティングの会社です


by dtworks

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
事業報告
つれづれ
トレンド情報
映画と本の話
未分類

最新の記事

地に足をつける
at 2019-02-03 22:37
何者
at 2018-12-21 22:30
正解
at 2018-11-23 21:48
10月の花火
at 2018-10-31 07:44
かかりつけ
at 2018-10-03 21:27

外部リンク

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2019年 02月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

ブログジャンル

本・読書
経営・ビジネス